茶道をはじめてから変わったこと

日本文化に興味をもつきっかけになる

日本の暦、季節ごとの行事や意味、どのくらいわかる方がいるのでしょうか?

バレンタインやクリスマスは気合い入れて準備するのに、

重陽の節句っていつだっけ?いや、そもそもどんな行事??というそこのあなた!

実は私も恥ずかしながらその一人でした。

でも茶道を習うと、季節ごとにお点前やしつらえが変わったり自然と季節や行事を意識するようになります。

余談ですが、一緒にいただく和菓子も季節ごとの意味や季節の花などを表していて、

それを眺めて食べるだけでもなんだか優雅な気持ちになれます笑

心をリセットする時間がもてる

私が茶道を続けている理由の中でこれが一番大きいかもしれません。

いま現代人は一日の中でたくさんのタスクを抱えています。

仕事や家事、友人関係、育児など・・・考え出したらキリがないくらいに。

けれどもお抹茶を点てている瞬間、頭の中には余計な雑念はありません。

「お茶を点てる」気が付くとただそれだけに集中している自分がいます。

最近マインドフルネス、いわゆる瞑想が流行っていますが

瞑想よりももっと手軽に心をリセットできる茶道、ぜひ一度経験してみませんか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA